福岡で税理士事務所をお探しなら「さかもと税理士事務所」

〒814-0015 福岡市早良区室見5-7-19 室見ビル401
地下鉄室見駅から徒歩5分のさかもと税理士事務所です。


トップページ さかもと税理士事務所について ご契約方法 料金表 よくある質問 お客様の声 お問い合わせ
トップページ » ブログ » 2010年11月現在のページ

  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by at

もっとたくさんお金を使ってくれ!

2010年11月29日
仕事の関係でどうしてもブログまで手がまわらずお休みしてました。今後も、こういう状態がちょっと続きそう・・・ということで、更新は

週2回・・・いや、1回・・・かな?

と、とっても控えめな目標ですが、数少ない読者の皆様! どうか見捨てずに、よろしくお願いします。

で、久しぶりのブログはこんなキャッチコピーのご紹介です。


もっとたくさんお金を使ってくれ!
あなたがあなたの家族を愛していると
証明するために

何とも直截(ちょくせつ)的なアピールですが、なぜか、押しつけがましさがない、思わず「ニヤッ」としてしまうユーモアがあります。

要は、ストレートに訴えるのが1番いいのかな・・・なんて思ってしまいました。
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 18:09Comments(2)ヘッドライン

「45分」のアピール方法

2010年11月23日
天神にある、某有名メガネチェーン

ここの「売り」は低価格と商品提供のスピードですが、その“スピード”が2つの全く違う方法でアピールされていました。

先ず、最初は、


45分スピード仕上げ

お店の外の通路側壁面に貼られた広告。事実をそのまま伝えましたという感じです。

そして、2番目は


しかも45分でお渡し致します

お店の入り口近くの立看板。こうすると何故か、スピード感を強く感じることができます。「お渡し致します」と強く言い切っているせいでしょうか。

同じ「売り」でも、アピールの仕方によってその訴求力は大きく違うんだなあ-ということを強く実感することができました。
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 15:33Comments(0)「いい広告」と「悪い広告」

広告の意図が分らない

2010年11月22日
Windows Phone 7のTVコマーシャルです。メーカーが何を意図してこの広告を作ったかはわかりませんが、私には、何だかとても不気味なものに感じられました。



小さな液晶画面の中で起こっていることだけが“世界”で、まわりの生身の人間には一切無関心。そんな、今でも、町や地下鉄の中で時々見かけるような若者の姿が、こんな風に町全体に広がっていったら・・・

メチャ、怖い。
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 22:47Comments(2)「いい広告」と「悪い広告」

ラポートから始める

2010年11月21日
ラポートとはフランス語で感情的な親密さ、お互いが信頼し合い、また好みや感じ方などが一致している関係のことをいいます。

たとえば、お客様が大きめのバッグを肩にお店に入って来た時に

先ずは、“売らんかな”で「何かお探しですか?」と直球勝負するか、「お客様、よろしかったらお荷物、こちらへどうぞ」とバッグを置く場所を提供してあげられるか。

最初にお客様との“ラポート”を築き、次に、相手が“買い”につながる何か意思表示をした時にはじめてセールスを開始する。

分っちゃいるけど、つい、つい・・・ですね。


こんな人がお店に入ってきたら・・・
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 17:51Comments(2)見込み客・既存客・固定客

バンドワゴン効果

2010年11月20日
広告と心理学のお話の3回目。

同じような商品の中から、どれを選ぼうかと迷っている時、もし、ある商品のパッケージやPOPだけに

売れ行き業界№1!ついに販売個数100万個突破!

って書いてあったら、その商品が選ばれる可能性は格段に高くなります。

これが、バンドワゴン効果。ある商品やサービスが売れている、行列ができているという情報が流れることで、その人気にますます拍車がかかる現象のことをいいます。

「バンドワゴン」とはパレードの先頭の楽隊車のことで、「バンドワゴンに乗る」とは、時流に乗る、勝ち馬に乗る、といった意味があるそうです。

では「売れ行き業界№1」でない場合はどうするか? 以前、このブログにも書きましたが、お店でどうしても売りたい商品に、たとえば

店長一押し!
実は、お店のスタッフも使ってます!
今、当店で売上№1の商品がこれ!

なんてPOPに書くと、それだけで売れるということがあるそうです。まっ、言ってみれば“店内バンドワゴン効果”

お金も手間もさほどかけずに売り上げを伸ばす便利な方法です。


これがバンドワゴン
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 11:32Comments(2)「いい広告」と「悪い広告」

シャルパンティエ効果

2010年11月19日
昨日に引き続き、広告と心理学のお話です。

たとえば、ネクタイが1本1,000円だとして

「3本お買い上げいただくと、さらに1本、お好きなネクタイを無料で差し上げます。」

「3本お買い上げいただくと、さらにお得な25%のディスカウントがございます。」


上も下もネクタイは同じ1本750円ですが、上の方が何となくインパクトあるように感じられます。

このように、同じ価格、重さ、数量のものでも、表現の仕方によって受けるイメージが異なる現象を発見した人の名前にちなんで「シャルパンティエ効果」というそうです。

よくありますね、「東京ドーム10個分」なんて言い方。あれもそう。東京ドーム10個分が何㎡なのかわからなくても、何となくイメージは伝わります。

税理士事務所の「シャルパンティエ効果」って・・・何だろう?


東京ドーム1個分の広さのTOKYO DOME
・・・って、なんのインパクトもない!
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 17:57Comments(2)「いい広告」と「悪い広告」

カクテルパーティー効果

2010年11月18日
地下鉄の博多駅で電車を待っていると、ある広告が目につきました。いつものように携帯で写真を撮ろうとした途端、電車が入ってきて写真は撮れずじまい。

でも、帰ってきてサイトで調べたら、幸い同じヘッド・コピーが出ていました。

歯は臓器。
歯があるのが当たり前の社会を作りたい。

九州口腔健康科学センターというところのコピーです。

最近読んだ、広告と心理学との関係について触れたある記事に「カクテルパーティー効果」ということが書かれていました。

パーティーというのは、おおむね参加者が好き勝手に話をしていますから、会場は結構、ザワザワと騒がしいものです。でも、そんな中でも自分の名前が呼ばれたら、本人は意外とその言葉にすぐさま反応するものだそうです。つまり、日頃、自分が関心を抱いているもの、気にしていることには、そうでない時と比べ、格段と反応が良くなるという現象のことです。

「歯は臓器。」というコピーに反応したのは、私自身、最近、歯の治療を受けていることがあったからです。

チラシなどの売り文句も、ただ単に「男性のみなさんへ」ではなく「40代以上の、髪のことが気になりだしたアナタへ」とした方が、当然、「あっ!オレのことか?」となります。

そういう意味での「カクテルパーティー効果」。
色々な使い方ができそうです。


そういや、パーティーには出たことあっても
カクテルパーティーって・・・ないなぁ。
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 18:40Comments(2)「いい広告」と「悪い広告」

節減すべき経費か否か?

2010年11月17日
景気が良い時は、みんな広告をやりたがる。悪いときは、しなければならない
-ブルース・バートン


税理士は、よくお客さんに「経費の節減」をすすめます。もちろん、ムダな経費は大いに節減すべきですが、中には節減したら、売上そのものが減ってしまいかねないものまで、「減らせ、減らせ」と言ってしまう傾向があります。減らすか否かの見極めは難しいものの、こんな時代だからこそ、税理士も本当に減らすべきは何かについて、もっと勉強しなければ-と思います。


Bruce Barton
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 19:44Comments(0)こんなこと・あんなこと

ちょっとした工夫で商品は売れる

2010年11月16日
先日、仕事で泊まったホテルでこんなものを発見しました。


こんなものって、「ただのカップめんじゃないの?」ってお思いの方、その通り、ただのカップめんです。

でも、ホテルに入ってすぐのところにあるエレベーターの横に、こんなカワイイお知らせがかけてありました。


呑んで来て、ちょっともの足りない、そこのアナタへ 東横ラーメン 100円

泊り客のほとんどがビジネスマン。呑んでホテルに戻ったオジサンたち(まっ、中にはオバ・・じゃなかった、女性方もおられるでしょうが)をついその気にさせるうまい演出です。

ちょっとした工夫で売り上げは伸びる良い例ということで、とりあえずはご紹介まで・・・。

で、このラーメンを差し上げた知り合いの「ラーメン評論家」氏が、詳細な商品分析をされておりますので、興味のある方はコチラもどうぞ。
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 18:17Comments(4)「私」を売る方法

プラスチックの2つの意味

2010年11月15日
「広告コピーのレトリック」という本で紹介されているセールスコピーのひとつがコレ。

We take plastic. We don't sell it.

直訳すると、「私達は、プラスチックを受け入れますが、プラスチックは売りません」という意味で、何のことやらサッパリです。

実は、最初のプラスチックはクレジットカードの意味。つまり、「私達はクレジットカードでのお支払いはお受けします。」ということになります。

2番目のプラスチックは、プラスチック製品のことで、「私達はプラスチックの製品は売りません」と言っているわけです。で、その「私達」の正体は家具屋さんです。

つまり、

当店はクレジットカードでのお支払いはお受けします。
でも、プラスチック製の家具の販売はいたしません。

となります。売るのは木製の“本格派”の家具だけということを逆説的に訴えているわけですね。

日本語で、こんな感じのレトリック(修辞法。ごく簡単に言うと、いわゆる「言い回し」といった意味)を使うとしたら

何かイイ言葉はないかなぁ・・・



「使えますけど、売りませんよ」と
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 18:13Comments(0)ヘッドライン

ある水道屋さんのチラシ

2010年11月14日
マンションの郵便受けに入っていた水道屋さんのチラシがコレ。


これを“チラシ”というのかどうかは分りませんが、ほぼ名刺サイズで、裏がマグネットになっています。台所や洗面所のどこかに貼っておけば忘れられず、捨てられず、いざという時にはあわてず、騒がず-で便利です。

以前にも、裏がシールになっている小型“チラシ”についてこのブログに書きました。こちらも会社は違いますが、同じ水道屋さんのものです。

めったにないだけに、いざという時にはあわてる-というビジネスにはぴったりのやり方のようです。
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 13:10Comments(2)「私」を売る方法

ヒルズでお寿司

2010年11月13日
仕事の関係で東京に行ってきました。ついたその日にバタバタと仕事を済ませ、翌日は飛行機の時間まで、これまたバタバタと東京見物してきました。

行ったところは、あの六本木ヒルズ。丁度、お昼の時間帯だったので、色々、探した挙句、お寿司を食べることに。


ヒルズでお寿司。さて、そのお値段は・・・

ランチがなんと、1人前千円!

お店には板前さんだけで5人はいます。店の広さは約400㎡ほど。夜はさすがにひとり大体1万~1万5千円ぐらいはするそうですが、まぁ、それでもお寿司ですからそんなに高いわけじゃありません。家賃も相当するそうで、多くの店が短期間に撤退していったそうです。


ン―――、東京のあの場所でこの値段!

色々と考えさせられました。
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 14:16Comments(2)こんなこと・あんなこと

マックの訴えたかったこと

2010年11月12日


マクドナルドはトルコ人、ギリシャ人、
ポーランド人、インド人、エチオピア人、
ヴェトナム人、中国人、ペルー人を雇いません。

赤い地に黄色の大きな文字でこう書いてあります。これだけ読むと「何事か?」と思います。

でも、ポスターのずっと下に今度は小さな、小さな文字でこう書いてあります。

スウェーデン人も韓国人もノルウェー人もです。私たちが雇うのはひとりの人間としてのあなたです。私たちはあなたの名前にこだわったりはしません。なぜなら、あなたの野心や決意はあなたの国籍とは何の関係もないからです。マクドナルドはスウェーデンで最も差別のない企業のひとつです。私たちの会社では約95か国の人達が働いています。私達と一緒に働いてみませんか。マクドナルド・スウェーデン

逆説的なメッセージで、先ず、見る人の注目を集めて、後で「種明かし」をする。

うまいやり方だと思います。
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 18:20Comments(2)ヘッドライン

ノンアルコールビールの真実!

2010年11月11日
飲酒運転に対する世間の目がきびしくなったせいで、ノンアルコールビールの売れ行きは好調に推移。

・・・なんて文章よく目にしますが、よくよく調べてみたら、本当はこんなニーズもありましたというのが今日のお話しです 。

ネタ元は、マーケティング調査のドゥ・ハウスがやった「『ビールテイスト飲料』に関するアンケート調査(20~69歳の男女2757人が回答)」

先ず、ビールテイスト飲料を飲む年齢層ですが、「男性では20歳代が24.2%と多く」というのは、まぁ、そうかなぁと納得ですが、「女性で最も飲んでいる層は50~60歳代で12.0%」というのは「女性の場合は通常のビール系飲料とビールテイスト飲料の飲料頻度がほぼ同じ傾向にある」ということだそうです。知らんかった!

また、飲む機会として、「全体の22%が料理をしているとき」だそうで、この率は女性に限ると28%まで伸びるとのこと。「さらに『掃除や洗濯をしている間』と回答した人は全体で11%、女性に限ると15%いた」そうです。

ベンツなどの高級車が売れるは、「走行性能に優れているから」というのは表向きの理由で、実は「女にモテたい」、「エエかっこしたい」というが本当の理由だ―という話はよく聞きます。

売っている本人は案外、自分の商品やサービスの本当のニーズやウォンツには
気づかないのかも知れませんね。


真のニーズはいずこにありや?
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 18:10Comments(4)ターゲットをしぼる

文章が書けない時

2010年11月10日
仕事柄、色々な場面で色々な文章を書く機会があります。このブログはもちろん、ホームページの記事であったり、お客様からの質問に対する回答であったり、出来上がった書類を送る際のちょっとしたあいさつ状であったりと、様々です。

それほど苦労せずスラスラと書ける場合もあれば、わずか1,2行に頭をかかえて込んでしまう場合もあります。

で、そういう場合の解決策は

ともかく思いついたこと、頭に浮かんだ言葉を、何でもいいから、前後の脈絡なしに書き連ねること。そうするとスーッと何かひとつの方向性が見えてくるといったことがよくあります。編集は後でいくらでもできます。

「書く」ということは「話す」のと違って、どうしても最初から何か意味のあるものにしなければいけないという強迫観念みたいなものがあるせいでしょうか。デタラメなことってなかなか文字にしにくいという一面があります。

でも、人と話す時のことを考えてみると分ると思います。あれ、文法的にはかなりムチャクチャな言葉の羅列になっているはずです。でも、言いたいことは伝わります。文章を「書く」のではなく、誰かに「話しかけている」のだと考えたら、うまく「書ける」かも知れません。

チラシやDM,ニュースレターなど、書くことに詰まったら、
一度この方法試してみてください。


「先生、締切りが!」
・・・なんてこと、一度言われてみたい。
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 19:17Comments(0)「私」を売る方法

そば屋での出来事

2010年11月09日
今日のお昼はたまたま、そば屋でということになりました。行ったのは4人。歴史のある古いお店で、店内には創業当時のまさにセピア色の写真などが飾ってあります。

一番奥の4人掛けのテーブルに座り、それぞれの注文を終えて待っていると、あることに気づきました。

テーブルのすぐ後ろの棚にパソコンが置いてあり、その横に本やいくつかの書類が雑然と立ててあります。うす水色のよく目にする紙製の事務用ファイルや業界誌、国語辞典などなど。

何だか、事務所の片隅で食事をさせられているような気がしました。

歴史のあるお店だけに

もったいないなぁ!

私が食べたのは親子丼でしたけど・・・
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 17:54Comments(2)こんなこと・あんなこと

思い通りのゴルフができなかったら

2010年11月08日
TVショッピングをはじめ、色々なところで目にするようになった「返金保証」。今日、紹介するのは海外のゴルフショップが打ち出した驚きの“保証”内容です。


バンカーショットの写真の横に大きな字で

もっと、うまくなって下さい。私たちが保証します

と書いてあります。そして、保証の具体的な内容は

お客様専用にお作りしたクラブで思い通りのプレイができなかった場合は、
30日以内にご返品ください。
お買い上げいただいた商品と同額の、店内で使える商品券と交換いたします。

となっています。

「思い通りのプレイ」(直訳すると“よりよいプレイ”)ができたかどうかは“主観”の問題です。それを保証するわけですから、ちょっとコワイ。

日本でも同じような保証をやっているところがあるのかどうか、定かではありませんが、さて、実際に「このクラブじゃダメだ」って言ってきたお客さんがどのくらいいたのか、あるいは、いなかったのか、聞いてみたい気がします。
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 18:51Comments(2)「私」を売る方法

手書きの会報

2010年11月07日
いつも私のブログにあたたか~いコメントを寄せて下さる「たいき海産物店」の看板女将・弥永恭子様(ハンドルネーム きちママ様)から、これまた、あたたか~い会報をいただきました。

会報のタイトルは“ひなたぼっこ”(あたたか~い!)。B4の2つ折りで、裏表完全手書きです。内容はお子さんのこと、ご主人のことがメインで、お誕生日を迎えたお客様のお名前も1面全部を使ってズラリと載っています。


これが“ひなたぼっこ”

ちなみに、「今回から会報を4面にしたら、並び方を間違えて読みづらくなってしまいました。すいません。」と書いてありました。ン―――、確かに(笑)

他にも「たいきクラブ入会申込書」や「商品カタログ(お歳暮セット)」も入っていました。

会報を含め、送っていただいたもののほとんどが「手書き」です。今はパソコンで手軽にプロ顔負けの媒体を作ることが可能ですが、そんな時代に、あえて逆行く-といった感の「きちママ」スタイルは、とても多くのことを教えてくれているような気がします。


≪お客様の声≫
「とてもおいしかったですよ。また、お願いしようと思っています。」
~福岡市の税理士Sさん
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 14:13Comments(4)見込み客・既存客・固定客

広告はワキ役

2010年11月06日
今日は、名著『ある広告人の告白(confessions of an advertising man )』の著者として大変有名なデビッド・オグルビーの言葉から。

良い広告とは商品を売ることのできる広告のことだ

これだけだと、当たり前の話じゃないかと思います。しかしこれには後段があります。それは

広告自体に人々の注目を集めるものではなく

というものです。

広告を見て「この広告、面白いねぇ」じゃダメ、「これ、欲しいなぁ」って思わせなきゃダメだってことですね。

ずっと「これ、欲しいなぁ」って思わせ続けて来た広告人の言葉だけに説得力あります。

そんな彼が書いた有名なセールスコピーのひとつがコレ。


時速90キロ以上で走るこの新しいロールスロイスの車内で、
一番気になったのは、中に置いた時計の針の音でした。

  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 13:03Comments(4)「いい広告」と「悪い広告」

インターネット・ビジネスは存在しない!?

2010年11月05日
「インターネット・ビジネス」という言葉をよく聞きます。一般的なイメージとしては情報販売やアフィリエイトといった言葉が浮かびますが、結論から言うと

「インターネット・ビジネス」なんて存在しない

というのが今日のテーマです。

で、理由は、ビジネスに必要な「3M」の説明でスッと理解できます。

その「3M」とは

1.メッセージ・・・・相手に何を伝えたいか?
2.マーケット・・・・あなたのメッセージを聞いてくれるマーケット(市場)はあるか?
3.メディア・・・・・・そのメッセージを市場にどう伝えるか? 新聞か、TVか、チラシか?


です。

インターネットは上の3つのどれに当てはまるか-というと、当然ながら3のメディアです。

つまり、インターネットというのは新聞やTVと同様にメディアのひとつに過ぎない。「新聞ビジネス」や「TVビジネス」といったものが存在しない(新聞社やTV局は別ですが・・・)様に

「インターネット・ビジネス」なんて存在しない

というわけです。

・・・確かに、言われてみればその通り。


UFOみたいなものか?
(・・・って他に写真はなかったんかい!)

※元記事「ザ・レスポンス ネットビジネスの基礎」
  

売上増大で、経営者の「やりたい」を「できる」にかえる。
税理士なら福岡市早良区のさかもと税理士事務所!
~ご質問・ご相談はいつでもお気軽に~

Posted by 税理士のさかもと at 17:58Comments(2)こんなこと・あんなこと

税務・会計のことならおまかせ下さい!初回無料相談実施中!先ずは、お問合せ下さい!

お問合せ・ご質問は初回無料相談でお気軽に ※税務や会計に関する一般的なご質問でも結構です

さかもと税理士事務所 対応エリア一覧

福岡市早良区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市南区、福岡市東区
※上記以外の地域でも対応いたします。お気軽にご連絡ください。
さかもと税理士事務所メイン・サイド終了
さかもと税理士事務所サイトマップ - トップページ
さかもと税理士事務所についてご契約方法料金システム・料金表よくある質問お客様の声税理士の仕事業務提携先リンク集アクセス
お問い合わせ無料小冊子お申し込みすぐわかる!3分税金講座所長ブログ